引越し日時を考えて安くしよう

 

見積もりの際に引越し業者が忙しいときに引越し日時を設定すると

基本的に割引もしてくれませんし、引越しシーズン料金や土日割増、時間指定料金

など通常料金より2割程度は高くなってしまいます

そこで、ある程度引越し日時を自分で設定できのなら下記のような日時に引越しすれば

引越し見積もりは安くとれます。

①引越しシーズンは避ける

1月10日~4月10日までの引越しシーズンはどこの会社も1.5倍~2倍の料金設定

で、割引には応じてくれませんし、ぎりぎりに申し込めばもっとふっかけられます。

どうしても春先に引越ししなければならない場合は、

正月明け早々するか、4月の入学式、入社式が終わったあとに予定するのが安くするポイントです。


② 土曜日は避ける

だれでも考えることは同じですので、土日で引越しして月曜日から新生活

を考えています。そこで、引越し人気日時は土曜日の午後がダントツで

特に女性は土曜昼が鉄板ですので、逆に日曜の夕方とかは土日なのに

比較的あいていることも多いのでねらい目ポイントです。

土曜昼からゆっくりと引越して、かたずけをして日曜はゆっくりと休んでから

月曜日から新生活を考えている女性郡を避ければ予約も取れますし

車を遊ばしたくない配車は安く見積もりをしますのでねらい目です。



③朝昼は避ける

だれでもお日様の当っているときに引越しをしたいもので、特に女性は

夜の引越しは嫌いますので、朝昼以外に夕方から引越しをしてくれる

業者の場合は逆に夕方とかのほうが安い設定になっていますし、

平日は比較的あいていることも多いのでねらい目ポイントです。

金曜日に有給や早退ができるなら、金曜夕方に引越し予定をいれれば

土曜かたずけして日曜日はゆっくりとと休んでから月曜日から新生活

をできますし、車を遊ばしたくない配車は安く見積もりをしますのでねらい目です。



④月初・月末は避ける

閑散期でも賃貸の契約日の集中している月初め・月末は引越しが多いものです。

そこで、実家からやゲストハウス、マンスリーなどいつでも引越しできる場合は

月中旬の水曜・木曜は暇なことが多いので安い見積もりが取れる可能性は高くなるので

ねらい目です。

 

■関連ページ■